自動車関連ニュース
2006年07月01日

運転中の携帯電話

運転中の携帯電話は本当に危険! 飲酒運転に匹敵、ハンズフリーでも同リスク

米ユタ大学(University of Utah)は、自動車の運転中に携帯電話を使用することからもたらされる危険度などを調査した最新レポート「A Comparison of the Cell Phone Driver and the Drunk Driver」の発表を行った。学術雑誌の「Human Factors: The Journal of the Human Factors and Ergonomics Society」2006年夏号に、詳細な調査データが掲載されている。

[スポンサーリンク]

「A Comparison of the Cell Phone Driver and the Drunk Driver」レポートは、米連邦航空局(FAA: Federal Aviation Administration)およびUtah Highway Patrolの協力を得て、運転免許を所持する米国内の22〜34歳の男女40名を対象に実施した調査に基づくとされる。各調査対象者は、GE-ISIM 製のドライビングシミュレータ「PatrolSim」を利用して、15分間のドライブを体験。通常運転・携帯電話を片手に持って通話しながら運転・携帯電話のハンズフリー通話を利用しながら運転・血中アルコール値が0.08の飲酒運転という、異なる4種類の状況で、断続的にブレーキを踏みつつ前方を走る車への反応速度などの測定が行われたようだ。
調査結果によれば、運転中に携帯電話を片手に持って通話した場合や、ハンズフリー通話を利用した場合はいずれも、通常運転時と比較して、ブレーキペダルを踏む反応速度が9%低下、一定の車間距離を保つ能力が24%低下、急ブレーキで減速後に法定速度まで加速する時間が19%遅延するなどの状況が、平均的に観察されたという。シミュレーション調査ではあるものの、ドライブ中に前方を走る車に衝突してしまい、交通事故が発生したケースも3件報告されている。
一方、0.08の血中アルコール値で飲酒運転を行った場合、通常運転時と比較して、より車間距離を狭く取る傾向が見られ、ブレーキペダルを踏み込む力が23%増加する状況などが、平均的に観察されたという。しかしながら、ブレーキをかける時間や、急ブレーキ減速後に再び法定速度へ加速するまでの時間に大幅な遅延は見られず、シミュレーション調査中に交通事故を起こしたドライバーは1人もいなかったようだ。
また、調査データを基にして、携帯電話を片手に持って通話しながら運転することは一部の法律で禁じられているのに、ハンズフリー通話ならば安全と認められている現状への疑問も提起されている。

[スポンサーリンク]

交通安全 お役立ちリンク

警視庁 交通安全
事故防止、トワイライト・オン運動&リフレクター運動、飲酒運転NO、交通安全講習など

交通事故と自動車保険ナビ
交通事故の処理の流れ、示談交渉、自賠責保険の解説と支払い方法、任意 保険(自動車保険)の解説と契約時の注意点の解説など

自動車保険の基礎知識~交通事故の恐ろしい実態
インズウェブなら各社の自動車保険の見積りを無料で〜毎年100人に1人が人身事故の被害者に〜

自動車保険~事故時に役立つ無料相談窓口一覧
交通事故の処理に必要な知識、事故時のノウハウと自動車保険料請求の基礎知識など

posted by kotsujiko : 2006年07月01日 20:43

Previous « JAF タイヤパンクサービス | 自動車ローン 特別金利 » Next

“運転中の携帯電話”へトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kotsujiko.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/692

“運転中の携帯電話”へコメント

[スポンサーリンク]