交通事故 TOP > 自動車関連ニュース > 自動車事故 > 運転手サポートシステム(DSS)
自動車関連ニュース
2006年08月26日

運転手サポートシステム(DSS)

トヨタが安全システム統合制御 レクサス「無事故へ一歩」

トヨタ自動車は25日、これまで個々に分かれていた安全システムをコンピューターで統合制御する新たな安全技術を開発したと発表した。
自動車事故を未然に防ぐための先進技術で、交通事故による死傷者の低減につながることが期待される。

[スポンサーリンク]

9月発売の高級車「レクサス」の最上級車「LS460」に採用し、順次対象車種を広げる。
搭載した統合システムは「運転手サポートシステム(DSS)」と呼ばれる。ステレオカメラやミリ波レーダーなどの車の“目”となるシステムが感知した危険情報を収集。運転手が危険な状態に陥りにくくするための最適な支援をコンピューターが自動的に判断し、各種安全装置を働かせて事故防止のための制御を指示する。
例えば車両や歩行者への衝突の可能性が高いとシステムが判断した場合、シートベルトの巻き取りとともに、ドライバーに警報を発する。さらにドライバーによる制動操作がない場合、プリクラッシュブレーキによって衝突速度を低減する。
また、後方のバンパー内に設置された専用ミリ波レーダーで後方車両の接近を検知。追突の危険性があると判断すれば、ハザードランプを点滅させ後方車両に注意を喚起する。その後、さらに後方車両が接近した場合は追突された際のむち打ち傷害を軽減するため、座席の頭部位置を適切な位置まで移動させる。
警察庁調べによれば日本国内の交通事故による死者数は2005年で6861人と減少が続く半面、死傷者数は116万人と逆に増加基調が続いている。

[スポンサーリンク]

交通安全 お役立ちリンク

警視庁 交通安全
事故防止、トワイライト・オン運動&リフレクター運動、飲酒運転NO、交通安全講習など

交通事故と自動車保険ナビ
交通事故の処理の流れ、示談交渉、自賠責保険の解説と支払い方法、任意 保険(自動車保険)の解説と契約時の注意点の解説など

自動車保険の基礎知識~交通事故の恐ろしい実態
インズウェブなら各社の自動車保険の見積りを無料で〜毎年100人に1人が人身事故の被害者に〜

自動車保険~事故時に役立つ無料相談窓口一覧
交通事故の処理に必要な知識、事故時のノウハウと自動車保険料請求の基礎知識など

posted by kotsujiko : 2006年08月26日 12:12

Previous « トゥアレグ シュトルツ | フォルクスワーゲン Iroc(アイロック) » Next

“運転手サポートシステム(DSS)”へトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kotsujiko.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/735

“運転手サポートシステム(DSS)”へコメント

[スポンサーリンク]