交通事故 TOP > 自動車関連ニュース > 自動車事故 > 交通事故、ふたご座は要注意
自動車関連ニュース
2005年12月20日

交通事故、ふたご座は要注意

交通事故、ふたご座は要注意 石川県警が星座別の発生調査

ふたご座のあなたは歩行者に注意?。石川県警は、交通死亡事故をめぐる星座別、干支(えと)別の発生・遭遇件数を公表した。若者や高齢者による事故が増えていることから、関心を持ちやすい切り口で注意喚起した。

[スポンサーリンク]

データは2003年1月から今年10月までの県内の死亡事故277件が対象。それによると、星座別で最も事故が多かったのはふたご座で、32人が起こした。やぎ座30人、おひつじ座28人と続き、最低はおとめ座の14人だった。
危険度上位の星座については、事故の傾向を分析。「歩行者に注意」などとワンポイントアドバイスを付けた。
また、交通死者の4割強を占める高齢者(65歳以上)向けに、干支別の事故遭遇率も示した。最も死者が多かったのは酉(とり)年で17人。以下、申(さる)年、卯(う)年の順で、「横断歩道を渡りましょう」などと注意を促した。
県警によると、今年の交通死者は11月末時点で70人と、前年同期比12人増。若者と高齢者に事故がいずれも増加し、高齢者の犠牲者も増えている。
県警交通企画課の徳野健一次席は「統計的な意味は薄いが、安全運転に自覚を持つきっかけになってくれれば」と話す。今月中に県警のホームページに掲載し、広く周知を図る。

[スポンサーリンク]

交通安全 お役立ちリンク

警視庁 交通安全
事故防止、トワイライト・オン運動&リフレクター運動、飲酒運転NO、交通安全講習など

交通事故と自動車保険ナビ
交通事故の処理の流れ、示談交渉、自賠責保険の解説と支払い方法、任意 保険(自動車保険)の解説と契約時の注意点の解説など

自動車保険の基礎知識~交通事故の恐ろしい実態
インズウェブなら各社の自動車保険の見積りを無料で〜毎年100人に1人が人身事故の被害者に〜

自動車保険~事故時に役立つ無料相談窓口一覧
交通事故の処理に必要な知識、事故時のノウハウと自動車保険料請求の基礎知識など

posted by kotsujiko : 2005年12月20日 23:55

Previous « レガシィにBlitzen2006 | パトカーそっくりの防犯車 » Next

“交通事故、ふたご座は要注意”へトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kotsujiko.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/314

“交通事故、ふたご座は要注意”へコメント

[スポンサーリンク]